土壌分析GCシステム

環境省 土壌汚染対策法に準じた分析ができます。
小型・軽量ですので、車両に搭載し、屋外現場での測定に使用できます。

土壌ガス分析 GC システム( PID 分析)

<構成>
●SRI 310 GC 本体
●クールオンカラム注入口
●電子ガス圧制御(EPC)
●検出器・FID-DELCD・PID
●カラム・UA-624W
●PeakSimpleソフト 装置制御・データー処理ソフトシステム

この土壌ガス分析用GCシステムは環境省土壌汚染対策法に準じて、SRI 310ガスクロマトグラフをベースに3種の検出器を搭載し、一体化したシステムです。
オンサイトでの土壌ガス分析は、テドラーバッグに採取したガスをガスタイトシリンジで0.5或いは1.0ml計量し、直接注入口からカラムに導入します。また、土壌を広口瓶で水溶出し、そのヘッドスペースガスを分析する簡易分析法にも対応します。
検出器にベンゼン/トルエン/キシレンなどの芳香族類を検出するPID、塩素/臭素化合物を特異的に検出するDELCDを搭載したシステムが基本ですが、油類の測定が想定される場合はFID検出器を追加したシステムをお勧めします。検出感度はPID, DELCDが共に1ppbレベル、FIDは10ppbレベルです。
地下水分析GCシステム

<構成>
●SRI 8610C GC本体
●パージ&トラップ ユニット
●電子ガス圧制御(EPC)
●検出器・FID-DELCD・PID
●カラム・UA-624 30m, 0.5mmID, 3umDF
●PeakSimplソフト 装置制御・データー処理ソフトシステム

SRI 8610Cガスクロマトグラフ本体にパージ&トラップ ユニット(米国EPA5030/5035準拠)を組込み、一体化したシステムです。採取した地下水10mlをスパージ試験管に注入します。スパージされた試料はTenax-GRが充填されたトラップ管で濃縮され、カラムに導入されますので泥水でも測定可能です。
検出器にベンゼン/トルエン/キシレンなどの芳香族類を検出するPID、塩素/臭素化合物を特異的に検出するDELCD、油類など炭化水素およびパターンを全体的に把握できるFIDを搭載しており、1ppbレベルの定量が可能です。
高価で操作に熟練を要するGC-MSに比べ、維持/メンテナンスも経済的なシステムで、厚生労働省 上水試験法、環境省 排水/環境水質試験法に準じた分析にも対応できます。