TOP » 技術資料 » 採水器の素材・材質

採水器の素材・材質の選定について

テクノインターナショナル株式会社
 03-5303-9700
(電話番号が変わりました)
高品質、使い易さ、丈夫さを追求した試料採取機器。理想的なサンプリング器材をお届けする
・・・それが使命と私たちは考えます

会社案内 会社案内 お問い合わせ お問い合わせ

水質調査を行う場合の、分析項目ごとの採水器の材質による選定の考え方(井戸ケーシングを除く)

 このページは採水を行う調査機器の選定に際し、その素材面からの機器選択について、簡易的にご参考いただくために、下記の文献の一部について和訳したものです。機器の使用に際しては、このページだけでなく下記の原典等に基づき、ご利用者の判断において調査を実施してください。
 このField Manual (U.S. Geological Survey)は、全編を印刷すると両面でも約10cmの厚さがあるほど、多様な内容が書かれており、大変参考になります。ご一読をお薦めします。

  1. 引用文献
  2. USGS-National Field Manual for the Collection of Water-Quality Data (TWRI Book 9) Chapter A2. Selection of Equipment for Water Sampling (Version 2.0, March 2003)

樹脂製のもの

 無機の微量元素サンプリングに使用される樹脂は、着色していないか、または白いものでなければなりません。(Horowitz and others, 1994)

樹脂製の採水器の素材選定
材 質 詳 細 分析項目(無機物) 分析項目(有機物)
フルオロカーボンポリマー
(テフロン®、カイナー®、テフゼル®を含む)
ほとんどの物質には化学的に不活性。 一般に使用において適切。
(フッ化物(fluoride)の発生源の可能性がある)
一般に使用において適切。
(いくつかの有機物が収着)
ポリプロピレン(略称:PP) 無機物質に比較的不活性。 一般に使用において適切。 使用しないこと。
ポリエチレン(リニアの物)(略称:PE) 無機物質に比較的不活性。 一般に使用において適切。 使用しないこと
ポリ塩化ビニル(略称:PVC) 無機物質に比較的不活性。 一般に使用において適切。 使用しないこと。
シリコン 非常に多孔質
ほとんどの無機の物質に比較的不活性。
一般に使用において適切。
(ケイ酸(silica)の発生源の可能性がある)
使用しないこと。
ナイロン 無機物質に比較的不活性。 一般に使用において適切。 使用しないこと。
CFCs(chlorofluorocarbon:クロロフルオロカーボン)を除く。

Horowitz, A.J., Demas, C.R., Fitzgerald, K.K., Miller, T.L., and Rickert, D.A., 1994, U.S. Geological Survey protocol for the collection and processing of surface-water samples for the subsequent determination of inorganic constituents in filtered water: U.S. Geological Survey Open-File Report 94-539, 57 p.(注:このファイル形式は、DjVu(デジャヴ)形式です)

注)水中ポンプから揚水するためのチューブの材質として、DOの測定を行う場合には、気体が透過しにくいことから、高密度の樹脂(high-density plastic)またはフルオロカーボンポリマー(fluorocarbon-polymer)を使うとされています。(USGS-NFM Chap. 6A, Field Measurements, 6.2.1.C, Measurement/Ground Water (Version 2.1, Jun 2006))

金属製のもの

 ほとんどのサンプリング用水中ポンプには、ステンレス製の部品があります。 可能な限りサンプルに触れる部品(例えば、bladder, stator, impeller)に、フルオロカーボンを使用することによって、無機サンプルへの影響を最小にすることができます。

金属製の採水器の素材選定
材 質 詳 細 分析項目(無機物) 分析項目(有機物)
ステンレススチール(316グレード)(通称:SS316) 耐腐食性が最も良い金属。
様々なグレードがある。
水中ポンプのケーシングに使われている。
一般に使用において適切
(もし腐食していれば次の物質の発生源の可能性がある。Cr, Ni, Fe, possibly Mn and Mo※)
表流水のサンプリングには使用しない。
水中ポンプを除き、樹脂でコーティングされた機器を使用のこと。
一般に使用において適切。
腐食していれば使用しないこと。※
ステンレススチール(304グレード)(通称:SS304) SS316と同様だが、それほど耐腐食性はない。 使用しないこと。 一般に使用において適切。
腐食していれば使用しないこと※。
他の金属: 真鍮、鉄、アルミニウム、亜鉛めっきされたもの、炭素鋼 冷却グレードの銅かまたはアルミニウムの管は、3H/3He, CFC, and SF-6の採取に規定通り使用できる。 使用しないこと。
アイソトープの指定のない限り。
一般に使用において適切。
CFCsは規程通り使用。
腐食していれば使用しないこと※。

※:腐食または風化した表面は、有機物質にとって活発な収着(sorption)サイトとなっており、そこから微量元素がしみ出ます。 


ガラス製のもの

ガラス製脂製の採水器の素材選定
材 質 詳 細 分析項目(無機物) 分析項目(有機物)
ホウケイ酸ガラス(理化学機器用)
セラミック
比較的不活性。
潜在的に物質の収着あり。
一般に使用において適切。
(ホウ素(B)とケイ素(Si)の発生源の可能性がある)
一般に使用において適切

以上


Valid HTML 4.01 Transitional

更新日:2018年4月1日

無断引用を禁じます。著作権保有者:2010 - 2011, 2016 - 2018年 ©株式会社テクノインターナショナル